2018年04月16日カテゴリ:お客様サポート

今流行りのSNSについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近ではコミュニケーションの一つとしてSNSを使うことが当たり前になってきました。
SNSを知らないって人のほうが少ないんじゃないでしょうか。

とは言っても、実際SNSって何?と聞かれてもなかなか答えられないと思います。
最近よく聞くのはFacebook(フェイスブック)ですね。
10代から50代60代まで幅広い層に人気があるSNSです。
もしかしたらSNSは知らないけどFacebookは知ってるって人もいるかもしれません。
他にも日本で人気のSNSはいくつもあるので今回は今人気のSNSをご紹介したいと思います。

p39.jpg

SNSはどんな意味?

まず先ほどから連呼しているSNSの名前について説明します。
SNSはソーシャルネットワーキングサービスの略称です。
こういった言葉はカタカナで分かりづらいですね。
単語に分けてみましょう。

ソーシャル=社会の、社会的な
ネットワーキング=情報の経路を形成、ネットワークを形成
サービス=おもてなす、提供する

つまり、 「社会的な繋がりを作る場所提供する」
という意味ですね。
これはあくまで単語からの解釈ですが概ね間違ってはなかったです。

人と人との社会的な繋がりを維持・促進する様々な機能を提供する、会員制のオンラインサービス。友人・知人間のコミュニケーションを円滑にする手段や場を提供したり、趣味や嗜好、居住地域、出身校、あるいは「友人の友人」といった共通点や繋がりを通じて新たな人間関係を構築する場を提供するサービス。
[IT用語辞典引用]

4大SNS

日本では数多くのSNSが存在していますが、その中でも特に人気のあるSNSを紹介したいと思います。

友達限定の繋がりを大事にするfacebook

全世界でもっとも使用されているCMSになります。

冒頭でも軽く紹介したfacebookです。
Facebookの大きな特徴としては実名登録を原則としているところです。
基本的にSNSなどのインターネットの世界では本名を使用しない場合が比較的多いです。
本名を出すのを恐がる人が多いんですね。
そんな中FaceBookはあえて実名での登録を原則として、現実に友達だったり知り合いだったりする人同士が交流しやすいシステムにしました。
ニックネームから知り合いを探すのはなかなか難しいですよね。

Facebookに登録している数→2800万人

メールに変わる連絡手段LINE

LINEは、無料でチャットや通話を利用できるSNSです。
それだけではなくゲームや音楽など関連サービスも楽しめます。
LINEが流行りだしてからみなさスマートフォンにあるメールを使わなくなりましたね。
個人やグループでのチャットで気軽に連絡と取りあえることが流行ったきっかけになっているかもしれません。
LINEの機能にある通話も、ネットをさえ繋がっていれば無料で電話ができるため、メールだけじゃなく電話もLINEがほとんどになってきています。

LINEに登録している数→7300万人

今その瞬間をみんなにアピールTwitter

witter(ツイッター)は、140文字の限定した文章の中で言葉や写真を投稿するSNSです。
好きな人の近況をチェックしたり、自分の好きなことをつぶやいたりして世界中のユーザーと繋がることができます。
Facebookが現実の友人と交流するためのSNSならTwitterは誰とでも気になった人と繋がれるSNSです。
投稿できる文章が少ないのでブログのような使い方ではなく「今ここにいます!」だったり「今日のご飯はこれです!」のようにその時その時思ったり感じたことを一言で投稿します。

Witterに登録している数→4500万人

言葉は要らないセンスを見せるInstagram

Instagramの特徴は他のSNSと違って、写真や動画の投稿に特化したSNSということです。
簡単なコメントは残せますが、写真をメインでコメントはおまけ程度の扱いです。
ここ数年でぐんぐん人気になっていて盛り上がりなら今一番のSNSです。
インスタ映えという単語まであるほどの人気になっています。
スマホで撮影した写真や動画を洗練されたフィルタなどで加工して投稿できるのに加え、他のユーザーをフォローして投稿をタイムラインで閲覧することができます。

Instagramに登録している数→2000万人

まとめ

SNSを巡ったトラブルや事件も存在していますが、今の時代気軽に連絡や近況が知ることができるSNSを利用したコミュニケーションが必須になっています。
SNSを始めたことがない方は一つだけしか利用できないということもないのでいくつか登録してみるのもいいと思います。実際SNSを利用している人は1つだけではなく2つ3つと複数のSNSを利用していることが多いみたいです。

今では企業の求人や、お得な広告なども手紙やメールよりもSNSで掲載されています。今後このような普段の生活の中でもSNSが浸透して生活になくてはならない時代も来るのかもしれません。

SNSはホームページで表示させることが可能です。現在ホームページをお持ちの方も興味をお持ちでしたらお気軽にサポートスタッフまでご相談ください。

TEL:0120-595-506
FAX:0120-766-116
メール:rentakun@toumei.co.jp

お問合せ・資料請求

ページトップ