2018年06月20日カテゴリ:お客様サポート

メール設定の基本「IMAP」と「POP」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールの設定でIMAPとPOPというものがあります。
違いがわからないまま「受信が問題なくできるし」と、特に気にしないで使っている人も多くいるのではないでしょうか。
今回のブログではその「IMAP」と「POP」の違いについてご説明したいと思います。

blog-img-mas03.jpg

POPとIMAPについて

POP

POPはPost Office Protocolの略称
読み方は「ピー・オー・ピー」です。
メールを受信する仕組みで受信が完了するとサーバーから削除されてしまいます。

IMAP

IMAPはInternet Message Access Protocol略称
読み方は「アイマップ」です。
こちらもメールを受信する仕組みですが、POPとの違いは受信が完了してもサーバーから消えないところです。

どちらもメールを受信をする仕組み

上記で簡単に違いを説明しましたが、POPもIMAPもメールを受信するのに必要な設定、と思っていただければ問題ありません。
違いがあるようなことを言っていましたが基本的にどちらを設定しても普通に受信できます。
では、どのような場面で使い分けることが必要なのでしょうか。

POP

メールを一度受信すると自動的にサーバから削除(設定で変更可能な場合もある)されるため定期的に受信をしていればサーバーの容量を気にする必要がありません。
主に一台の端末でメールを確認される方に向いています。

IMAP

メールを受信してもサーバーから削除されません。
複数台の端末でメールを確認する方に向いています。
ただし、サーバー内から定期的に削除しないとメールが溜まってしまうので不要なメールは削除することが必要になります。

まとめ

SNSの利用者増加で、昔に比べてメールを頻繁に利用される方は少なくなりましたが、仕事や会員サイトの登録など、まだまだメールは多くの方に使われています。
しかし、メールの設定などに関しては受信できれば問題ない程度にしか思っていないため、「新しい端末にメールが残ってない」などのトラブルもあるようです。
前回の受信設定を気づかずに変えてしまったことが原因にあげられます。
もし今の端末にあるメールを引き継ぎたい場合は設定をIMAPにしてある必要があります。

あまり重要なことにメールを使っていない人には気にすることもない「POP」「IMAP」ですが、仕事や就職活動などでメールを使われている方は設定を見直してみることをおすすめします。

レン太君では当社ホームページ利用者様のメールに関するサポートにも対応しています。レン太君サポートスタッフまでお気軽にご相談ください。

TEL:0120-595-506
FAX:0120-766-116
メール:rentakun@toumei.co.jp

お問合せ・資料請求

ページトップ