2017年10月11日カテゴリ:SEO対策

検索エンジンから『好かれるサイト』と『嫌われるサイト』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様から「検索順位が上がるようにしたいんだけど・・・」とご相談をいただくことが多くあります。

ヤフーやグーグルで検索順位をあげる場合は、検索サイトの規約に則ったサイト設計が必要になります。簡単に例えるなら「検索サイトから好かれるサイト」の構成にしなければいけないということになります。
そこで今回は検索エンジンから「好かれるサイト」と「嫌われるサイト」の違いをご紹介します。

p22.jpg

検索エンジンに好かれるサイトとは?

検索エンジンは一日に膨大なサイトのコンテンツを読み込まなければいけないため、1つのサイトにたくさんの時間をとることができません。

より効率的に短い時間で検索エンジンに読み込まれやすいサイトの内容にする必要があります。

以前はHTMLと呼ばれるホームページのプログラム言語に記述した内容によって検索順位が決められ、タイトルやキーワード、メタタグなどのいわゆる「キーワード」の部分が重要視されていた時期もありました。
現在はホームページの内容や構成(コンテンツ)が分かりやすい状態であり、見てもらうユーザーに役に立つサイトが上位に上がりやすいと言われている為、各ページ(コンテンツ)2クリック以内で辿り着くような構成が理想です。
そのため、キーワードなどの情報変更を繰り返し行うのではなくサイトの構成内容を見やすく解りやすいことに心がけ「どのページに行っても閲覧したいページにいける」などユーザーに沿ったサイトを制作して検索エンジンにとってもユーザーにとっても使いやすいサイト構成が「好まれるサイト」へと繋がります。

検索エンジンに嫌われるサイトとは?

検索エンジンに嫌われるサイトとはどのようなサイトでしょうか?簡単に言うと好かれるサイトの逆のサイトのことです。

1ページに膨大な量を詰め込み、サイトが上から下まで非常に長く読みづらい状態や会社情報やサービス情報など様々な内容を1ページまとめてサイトの構成が分かりづらい状況などが挙げられます。
見てもらうユーザーのことを考慮せず、一方的に押しつけるようなサイト内容で構成している状態こそ「嫌われるサイト」になってしまいます。

まとめ

検索順位を上位に表示させたい場合はいかに、ユーザーや検索エンジンにとって利便性が高いサイトにするかがカギになってきます。

上位に表示させるためにキーワードのみを変更した所で検索対策とはいえず、逆に順位が落ちてしまうことも考えられ、そうなれば本末転倒です。
まずは現状の状態をしっかり把握して、改善目標をもち構成内容をお見直しすることをおすすめいたします。

レン太君ではホームページの活用などに関するお客様のお悩みを全力でサポートします。
ホームページについてお困りのことがあれば、お電話・FAX・メールで、お気軽にご相談ください。

TEL:0120-595-506
FAX:0120-766-116
メール:rentakun@toumei.co.jp

お問合せ・資料請求

ページトップ