2017年08月30日カテゴリ:スマートフォン

スマホ対応をする2つの方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんはホームページのスマホ対応はお済みですか?
スマホが大幅に普及している中で、スマホ対応は必要不可欠になっています。
以前、「スマホ対応の必要性について」を書かせていただきました。
もしまだ読んでいない方がいれば、こちらから読んでいただけたらと思います。

スマホ対応の必要性がわかっていただけたら、今回はスマホ対応の方法についてお話しさせていただきたいと思います。

レン太君でのスマホ対応は、レスポンシブサイトとスマホ専用サイトの2つの方法で行っております。
2つの方法にはそれぞれメリット・デメリットがありますので、そのあたりについてもご紹介させていただきます。

p16.jpg

1. スマホ専用サイト

スマホ専用サイトとは?

文字通りスマホ専用に制作されたサイトになります。
スマホに最適化されたデザインや構成で制作されています。

メリット

スマホ専用サイトはパソコンサイトとは別で制作をする為、パソコンサイトのデザインに影響を受けることなく制作することができ、レスポンシブサイトに比べてスマホデザインの自由度が高くなります。その為、スマホサイト専用のユーザビリティに考慮したサイトデザインが可能です。
また、スマホ専用でサイトを制作する為、表示速度がレスポンシブサイトより早くなります。

デメリット

スマホ専用サイトはPCサイトとは別で制作をする為、制作時間が約2倍かかってしまいます。
修正、更新などをする際も同様になります。
また、スマホ専用サイトになる為、全てのデバイスへの対応ができません。
さらに、スマホ専用サイトはURLが別になってしまう為、SNSでシェアされた場合などで違うURLがシェアされてしまったりというコトもあります。

2. レスポンシブサイト

レスポンシブサイトとは?

レスポンシブサイトとは、スマホ端末やタブレット端末、パソコンなどの全てのデバイスの画面サイズに応じてデザインを変更するサイトの事です。

メリット

Googleはレスポンシブサイトを推薦しています。その為、SEOにも有利になると言われています。
レスポンシブサイトはパソコンとスマホだけでなくタブレットなど、全てのデバイスに対応可能です。URLも同一で公開できる為、SNSのシェアなどがしやすくなります。
また、パソコンで見る時とスマホでみる時でコンテンツ内容が同じになる為、コンテンツに一貫性を持たせる事ができます。

デメリット

レスポンシブサイトは一つのサイトをデバイスごとに切り替える為、デザインがPCサイトに大きく影響を受けてしまいます。その為デザインの自由度がスマホ専用サイトより低くなってしまいます。
また、一つのサイトを全てのデバイスで表示する為に、スマホで閲覧時などでどうしてもサイトが重くなり、表示速度が低下してしまいます。

まとめ

レンタ君でのホームページ制作は、基本的にはGoogleで推薦されているレスポンシブサイトで制作をさせていただいております。
しかし、サイトの目的やサイトの種類によってスマホ専用サイトで制作した方が良い場合もございます。
パソコンサイトをお考えの方や、スマホ対応をお考えの方でどちらで制作するべきなのかがわからない方はお電話・FAX・メールで、お気軽にご相談ください。

TEL:0120-595-506
FAX:0120-766-116
メール:rentakun@toumei.co.jp

お問合せ・資料請求

ページトップ