2018年03月28日カテゴリ:ホームページ制作

ホームページ制作の打合せ前に準備しておきたい4つの項目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページを制作会社で作ることが決まったけれど、さて何を準備して打ち合わせに臨めば良いか想像がつかない・・・。
はじめてホームページを制作する時に誰もが通る道ですが、忙しい中で何度も業者と打ち合わせをするのも時間ばかりかかって少し面倒ですよね。

今回は、一度の打ち合わせで自分の伝えたいことをしっかり伝えるために、制作会社との打ち合わせ前に用意しておくと良い項目を4つご紹介します。

関連記事:ホームページを制作するときの下準備
関連記事:ホームページ制作会社の選び方

p46.jpg

1)会社の情報

会社の情報は必ずホームページに掲載されます。
会社の情報が掲載されていないホームページは信憑性がなくなり、会社への信用度が下がってしまいます。

ホームページの情報は取引先の方やお客様、更にはリクルートで情報を探している人など様々な人が目にします。最新の正しい情報を準備しましょう。

会社案内のパンフレットなど印刷物がある場合は、渡せるよう準備しておくと聞き間違いや入力ミスなどの間違いが起こらず、正しい情報を伝えることができます。

準備する情報
・会社の名前、住所、電話番号、FAX番号、代表者氏名、営業時間、定休日、事業内容、設立年月日、資本金などの基本情報
・会社の保有資格や営業エリア、取引先、お店などの場合は駐車場の情報、座席数、自店で使えるクレジットカードの情報など

2)掲載する記事の内容

会社のことは、その会社の経営者の方が一番よく分かっています。作るのは制作会社ですが、会社の強みや得意なことは制作会社ではわかりません。
他社には負けていないと自信がある項目は1つでもいいので準備しておきましょう。いざ打ち合わせの時に上手く伝えられなかったり、伝え忘れてしまったりしないようメモなどにリストアップしておくことをお勧めします。

中には自社の強みが思いつかない、という方もいらっしゃいます。しかし会社が存続しているのは自社の「強み=魅力」があるからです。自社の魅力が沢山ありすぎる場合は、優先順位をつけておくことで伝えたい魅力をしっかり伝えることができます。

掲載したい内容が沢山ありすぎるとユーザーへの訴求が薄くぼやけてしまいます。伝えたいことが沢山あるというのはとても素晴らしいことですが、なるべく絞っておきましょう。

文章については制作会社側でライターが分かりやすい文体で書き起こしてくれるため、掲載したい内容を最低限リストアップしておけば、あとはおまかせで制作することができます。文章を書くことが得意な方は挨拶文など自分の言葉で伝えたい箇所を準備しておくのもいいかもしれません。

準備する情報
・自社の強み
自社の強みを見つけるられない場合は、顧客からの声・競合他社と違う価値観・自社の内部環境などの情報を集めて分析しましょう。
例えば顧客満足から競合他社より優れている部分を見つけることができます。自社にしか出来ない製品や和気藹々と働ける環境などは他社に無い独自の強みとなります。

3)掲載する写真素材

掲載する写真素材は、会社を伝えるために重要な要素です。

会社やお店の外観や働くスタッフの写真などを10~20枚程度用意しておきましょう。
製品を作っている会社なら、製造している商品はもちろん機械を動かしている風景や作業している手元などがあるとしっかり会社の雰囲気を伝えることが出来ます。人を集める会社ならスタッフの人柄が伝わるような写真があると問い合わせのきっかけになりやすくなります。

飲食店の場合はイチオシメニューの調理写真を用意しておきましょう。メニューが多い場合など全ての写真を撮影することが難しい場合は、良く売れる商品の写真が数点あれば充分アピールすることができます。

中には外観が古いから、顔を出すのが恥ずかしいなどの理由で写真のご用意が難しいと言われる方もいらっしゃいます。その時は素材集より良い写真を選定し掲載することができますので、イメージに近い見本を用意して伝えられるよう準備してください。

関連記事:思っているより重要!?ホームページに掲載する写真について

準備する情報
・写真素材
会社や店舗の外観、働いている風景、掲載する商品やメニュー、スタッフや代表の写真、施工事例など自社をアピールできる実際の写真

※顔を出すのがNGという場合は、顔がハッキリ写らないよう後姿で撮影したり掲載時にトリミングやぼかしなどの処理を施すことで誰かわからない様にすることもできます。

4)参考サイト

こんな雰囲気にしたいな、というイメージがある場合は参考サイトをご用意ください。

お客様から伺った内容を担当営業から制作スタッフに伝えるときに上手くイメージが伝わらない場合があります。参考サイトがあればどんな風にしたいのかをブレることなく伝えることが出来ます。
イメージしている色に近い、こんな雰囲気がいい!など、直感で良いので用意しておくと出来上がりがイメージと違うなどの不一致を防ぐことが出来ます。

準備する情報
・参考サイト
自分がイメージしている雰囲気に近いホームページのリストアップ
※作りたいホームページの雰囲気が伝われば問題ありません。レン太君なら過去の事例から選んでいただくこともできますので、事前にご相談ください。

まとめ

ホームページを制作会社に頼む場合、打ち合わせ前に予め下準備をしておくことで制作会社とのやり取りの時間を減らせるほか、打ち合わせ後の素材収集にかける時間が減るため出来上がるまでの期間も短くなります。

「上手く掲載したい内容を伝えられなかった」「イメージと違った」という事が起きないようにしっかり下準備をして打ち合わせに臨むことで、自社の魅力を伝えられる素敵なホームページを制作しましょう。

レン太君ではホームページの活用などに関するお客様のお悩みを全力でサポートします。
ホームページについてお困りのことがあれば、お電話・FAX・メールで、お気軽にご相談ください。

TEL:0120-595-506
FAX:0120-766-116
メール:rentakun@toumei.co.jp

お問合せ・資料請求

ページトップ