2018年12月21日カテゴリ:ホームページ制作

ホームページの新しい評価基準!スピードアップデート(Speed Update)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
blog-img-mas07.jpg

スピードアップデート(Speed Update)は、2018年7月に導入されたアルゴリズムで、モバイル向けページに対しページの読み込み速度が極端に遅い場合順位に影響が出るようになりました。

スピードアップデートの説明

Googleは2018年1月に全ユーザーを対象としたスピードアップデートの導入を発表しました。
その年の7月に実際にスピードアップデートが実装され、ランキングに大なり小なり影響が起こりました。

スピードアップデートはサイトの読み込み速度が遅いページを対象にしたアルゴリズムです。
わかりやすく言うと、モバイルページの読み込み速度が遅いと検索順位が下がるようになった。ということです。

しかし、読み込み速度もランキング要因にはなりましたが、それ以上にGoogleはコンテンツ内容の充実や信憑性などを重要視しているため「(読み込み)遅い=(ランキング)下がる」とはなりません。
もちろん、10秒間何も表示されない、なんてことになった場合はそれなりに影響があるかもしれませんがサイトの順位を考えるのであればまずはコンテンツの見直しを優先するべきだと思います。

今後の傾向

コンテンツが重要だと上記では説明しましたが、「自分のサイトはコンテンツが充実している」と楽観視はしないでください。
自分のサイトと同じ評価を得ているサイトが二つあった場合、ページ速度がランキングに影響する可能性があります。

さらに遅くなければいいということでもありません
今回の実装はGoogleの評価ためではなくサイトを見に来ているユーザーのためにあるからです。
サイトを制作した側が問題ない表示速度と思っていても、見に来たユーザーが遅いと判断した場合、それがそのままサイトの評価に繋がってしまいます。

今後、他サイトが読み込み速度を極めていけば遅くないサイトでは遅いと判断されてしまうようになるでしょう。
SEOとして考えるのではなくUX(ユーザーの使いやすさ)として認識することが重要だと思います。

読み込み速度を上げるには

読み込み速度向上には様々な方法があります。

・画像の軽量化
・プログラム軽量化
・外部からの埋め込み撤廃

などありますが表示速度向上に関しては以前の記事「ホームページ表示時間の重要性について」で書いてあるのでそちらをご覧ください。

読み込み速度を確認するには

読み込み速度向上には様々な方法があります。

自分のサイトの読み込み速度がどの程度なのか調べるには「PageSpeed Insights」がおすすめです。

URLを入力して分析を押せば数値として表示されます。必ずしもここで出た数値で判断されるわけではないようですが一つの目安としてサイトを制作してもいいと思います。

まとめ

・ページの表示速度は検索ランキングに影響するようになっている
・読み込み速度が遅いと必ずランキングが下がるというわけではない
・コンテンツを重視しつつページ速度向上を続けていく必要がある

実際今回のアップデートは特に問題にすることではないと思っています。
もちろん気にすべきことではありますが、そもそもユーザーのことを考えたサイトをと以前からGoogleは言っています。
ユーザーにとって何がいいのかどのような内容でどのような作りにするべきかをしっかり考えていればサイトとしての評価が落ちることはありません。
凝ったデザインや派手な動きのあるサイトは楽しいですし本人は大満足でしょうが、サイトを見に来た人は情報がほしいだけで見栄えを見に来ているわけではありません。

見栄えを気にしすぎてサイトの本質を忘れないようにしましょう。

お問合せ・資料請求

ページトップ