Thunderbirdメール設定マニュアル

Thunderbirdでメールを利用するための設定方法をご案内します。

STEP01

[Thunderbird]を起動し、メニューバーから 【ツール】 → 【アカウント設定】 を選択します。
(メイン画面でメニューが表示されない場合は右上の三本線をクリックして 【オプション】 → 【メニューバー】 をクリックします。)

STEP02

[アカウント設定] が表示されます。 左下の【アカウントの操作】をクリックし、表示されたメニューから、【メールアカウントを追加】をクリックします。

STEP03

[メールアカウント設定] が開きます。 次の項目を入力し、【続ける】をクリックします。

①名前 お客様のお名前を入力
(相手に表示されるお名前になります)
②メールアドレス メールアカウント通知書の「メールアドレス」
③パスワード メールアカウント通知書の「パスワード」
④パスワードを保存する チェックを入れる
STEP04

Thunderbirdが自動的に推測されるメールサーバー情報を表示します。
表示されるメールサーバー情報は正しくありません。修正するため、【手動設定】をクリックします。

STEP05

[メールサーバー情報]を編集します。
全て編集し終わったら【完了】をクリックします。

受信サーバ 種類 「POP3」を選択
ホスト名 メールアカウント通知書の
「POP3サーバー」のアドレス
ポート番号 「110」
SSL 接続の保護なし
認証方式 通常のパスワード認証
送信サーバ ホスト名 メールアカウント通知書の
「SMTPサーバー」のアドレス
ポート番号 「587」
SSL 接続の保護なし
認証方式 通常のパスワード認証
ユーザー名 受信サーバ メールアカウント通知書の
「アカウント」
送信サーバ メールアカウント通知書の
「アカウント」

※メールアドレス・メールアカウント・パスワードはお手元のメールアカウント通知書をご確認ください。

STEP06

メニューバーから 【ツール】 → 【アカウント設定】 へ進みます。

STEP07

[アカウント設定] が開きます。左側に設定したアカウントが表示されています。
メールアドレスのすぐ下にある[サーバー設定]を開きます。
セキュリティ設定の[接続保護]を【なし】、[認証方式]を【平文のパスワード認証(安全でない)】に設定します。

STEP08

サーバー設定の項目の中の【ダウンロード後もサーバーにメッセージを残す】にチェックを入れます。

※一台のパソコンのみ設定する場合は、【サーバーにメッセージのコピーを置く】は不要です。

STEP09

左下の【送信(SMTPサーバ)】をクリックし、設定したアカウントをクリックした状態で【編集】をクリックします。

STEP10

送信サーバーの設定内容を確認・修正したら【OK】をクリックします。

①サーバー名 メールアカウント通知書の
「SMTPサーバー」のアドレス
②ポート番号 「587」
③接続の保護 なし
④認証方式 平文のパスワード認証(安全でない)
⑤ユーザ名 メールアカウント通知書の
「アカウント」
STEP11

[アカウント設定]の画面に戻ったら、【OK】をクリックし、設定完了です。