2020年09月05日

Instagramマーケティングは"タグ映え"が重要!

  • まめ知識
  • アクセスアップ
  • 相談室
  • 集客
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
p104.png

こんにちは!少しご無沙汰してしまいましたレン太君です!

早速ですが皆さん、Instagramは使っていますか?
私はmixiに始まり、前略プロフ・Facebook・Twitter・Instagramと、いろいろなSNSを使ってきました。
InstagramはSNSの中でも視覚的に情報を得られえるため、他のSNSよりも見ていてワクワクするのがとても印象的です。

さて、そんなInstagramですが、ビジネスとしてInstagramアカウントを持つ企業が増えています。
しかし、
● なかなかフォロワーが増えない
● 思うように情報を拡散できない
など、Instagramでのマーケティングにお困りの企業様も多いようです。

そこで今回は、Instagramマーケティングの基本中の基本である"タグ映え"について書いていこうと思います。

"タグ映え"とは???

"タグ映え"というキーワードを解説する前に、最近のインターネットユーザーの行動変化についてお話します。

これまで情報を探すときはGoogleやYahoo!などで検索することが多かったと思います。
しかし最近では、Instagramのハッシュタグ検索を使う人が増えてきました。ファッションなどの情報源は、GoogleよりもInstagramが多いという調査結果も出ています。
私も、先日お財布を買い替えた時にはInstagramで「かわいいお財布ないかな~」とポチポチしました。

ユーザーの行動は「ググる」から「タグる」へとシフトチェンジしているのです。

「タグ映え」とは、このようなハッシュタグ検索の際に、人気投稿のファーストビュー(9位以内)に表示されることをいいます。
タグ映えしていればより多くの人の目に触れ、情報を拡散させられる可能性がグッと高くなるため、Instagramマーケティングをする場合は「タグ映え」を考えていかなくてはいけないわけです。

instagram_capcha.png

"タグ映え"するには

タグ映え=人気投稿に載るには、エンゲージ数が重要です。
エンゲージ数とは、投稿へのいいね!やコメント、保存などをされた数のことです。

芸能人のように万単位のフォロワーがいるアカウントの場合は、フォロワーからのエンゲージだけで人気投稿に表示されるほどエンゲージ数が延びるかもしれません。
しかし一般的なアカウントはそうもいきません。

そこで重要なのが、ハッシュタグ検索をしたユーザーを取り込んでいくことです。
ハッシュタグ検索をしたユーザーにいいね!などのアクションを起こしてもらい、エンゲージ数をできるだけ多く獲得していくことで、上位表示に繋がっていきます。

タグ付けの2つのポイント

①投稿数に縛られすぎない

さて、ハッシュタグを付ける「タグ付け」の際、皆さんはどのようにキーワードを選出していますか?投稿数の多いハッシュタグを付ける、という方も多いのではないでしょうか。

投稿数の多いハッシュタグを付けるのも、決して間違いではありません。
しかし前項で書いた通り、ハッシュタグ検索をした際に上位に表示されるのは、新着順ではなく人気順です。人気のハッシュタグ=競争率の高いハッシュタグであるため、むやみやたらに人気のハッシュタグだけを付けるのは避けた方が良いでしょう。

私がお財布を探した時、最初は「お財布」で探していましたが、あまりにも数が多いため、少し投稿数の少ない「お財布新調」の投稿も見ていました。
「お財布」のハッシュタグが付いた投稿では、お財布の中身やバッグの中身紹介などあらゆる内容の投稿があり、買い替えるのには参考にならない投稿も多数ありました。
しかし「お財布新調」であれば、新しくお財布を買い替えた方の投稿を見ることができ、必然的に新しいモデルのデザインを多くチェックすることができました。

このように、一番投稿数の多いハッシュタグではなくとも「より適しているハッシュタグ」が存在する場合もあります。
自分の投稿がどのような人に見られるのか、見てほしいのかを意識したタグ付けが大切ですね。

②投稿とハッシュタグの関連性を考える

タグ付けの際、ほとんどの方が複数のハッシュタグを付けると思います。
でもそのハッシュタグ、本当に全部が最適でしょうか?

実は、投稿内容と関係が薄いと思われるハッシュタグを付けると、そのハッシュタグで上位表示されないだけでなく、適切なハッシュタグでも人気投稿に上がりにくくなってしまうのです。

あれでもこれでも検索されたい!という気持ちは誰にでもあると思います。でも、上位表示されず拡散されなければ意味がないですよね。一度、関連性の低いハッシュタグを付けてしまっていないかを見直してみるのも良いかもしれません。

まとめ

ハッシュタグ検索をされる→写真が魅力的だから目に留まる→いいね!や保存などエンゲージを獲得できる→人気投稿へ
これがInstagramマーケティングの理想的なストーリーです。

もちろん単純な話ではありませんし、全てがその通りにいくことはまずないでしょう。
しかしいずれにしても、Instagramでマーケティングをおこなう際、魅力的な写真とハッシュタグは絶対的に必要なものです。

写真はインスタ映えを意識して撮っているけど、タグ付けはそこまで考えていなかった。という方は、ぜひ今後ハッシュタグのことも意識してみてくださいね!

レン太君をご利用のお客様であれば、このようなマーケティングに関する情報もサポートの中でお伝えすることができます。レン太君を現在ご利用中のお客様や、サポート付きでホームページを持ちたいというお客様は、どうぞお気軽にお電話ください。

お問い合わせ

【受付時間】平日 9:00~19:00(夏季休暇・年末年始を除く)

1営業日以内にご返信いたします