2020年03月10日

簡単に解説!最近よく聞く5Gとは?

  • まめ知識
  • 話題のニュース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、5Gという言葉をテレビなどで耳にする機会が増えてきました。
次世代のモバイル通信として注目を集めています。

今回は、5Gとは何なのか?メリットデメリットを簡単にご紹介いたします。

200309top.jpg

5Gとは何か

200309001.jpg

5Gとは「5th Generation(第5世代移動通信システム)」を意味します。
簡単にいうとインターネットとスマホなどをつなぐための通信規格・通信技術のことです。
特徴として「超高速」「超低遅延」「多数同時接続」の3つがあります。

超高速

通信の速さをさします。
5Gの場合、最大20Gdps(ギガビット毎秒)もの通信速度が実現することになり、これは4Gの最低20倍ほどの通信速度になります。
現代では動画も高画質化が進んでいるため、4Kや8Kといった高画質の動画も手軽に見れるようになるでしょう。

通信速度が上がることで、インターネットの閲覧がさらに快適になります。

超低遅延

スマホなどでデータを要求してから送られてくるまでの時間が短くなります。
例えば、インターネットを介してのビデオ電話をしたときに会話がずれているように感じたことはありませんか?これは自分が発した言葉が相手に届くまで時間を有するため生じる遅延現象です。

5Gではこの遅延の短縮が可能となるため、リアルタイムにデータを送受信できるようになりテレビ電話や遠い場所間でのWEB会議がスムーズにおこなえることが期待されます。

多数同時接続

一つの基地局に多くの端末が接続できるようになります。
多くの人が集まる場でも通信が阻害される事がなくなります。
また基地局に接続するのはスマホやタブレットだけではありません。
家電や自動車、センサー、カメラなど多くのものが基地局に接続することができるのです。

5Gになるメリット

IoTの進化でさらに生活が便利になる

IoTとは「Internet of Things(モノのインターネット)」という、モノがインターネット経由で通信することを意味します。
家電や自動車といった「モノ」をインターネットに接続する技術として注目を集めており、産業やビジネスの大きな変化も予想されています。

■モノがインターネットに接続することでできること

・交通状況やほかの自動車情報も加味した制御をする自動運転の普及
・VR、ARによるインターネットを介した仮想空間の広がり
・建設現場での建機の遠隔操作、音声操作
・センサーを配置して農作物の育成状況把握、また自動運転の農機具で人手不足の解消
・ライブチャットにより、病院に行かなくても自宅で医療を受けられる

新しいアプリケーションやデバイスが誕生する

5Gが当たり前の世の中になれば今まで制限がありできなかったことに挑戦できます。
そこから技術が進化して斬新なアプリケーションや便利なデバイスが誕生するようになるでしょう。

5Gになるデメリット

古いデバイスに対応できない可能性がある

使用しているスマホなどのデバイスが古い場合、5Gに対応できない可能性があります。
その場合はスマホを新しいものへ買い替える必要も出てきます。

サイバー攻撃のターゲットが増える

多くの機器がインターネットに接続されるようになればなるほどサイバー攻撃のターゲットが増えます。ウイルスやワームといったマルウェアにより正常な動作ができなくなったり、個人情報を盗まれる危険性があるのです。
そのため、今まで以上にセキュリティ意識を高めて対策をとることが必要となります。

まとめ

5Gが普及することで、インターネット接続の高速化などの体感的部分だけではなく、今までの通信速度では不可能だったことが可能になる未来がみえてきました。
5Gならではの新しいサービスやどんな変化が訪れるのか非常に楽しみですね。

お問い合わせ

【受付時間】平日 9:00~19:00(夏季休暇・年末年始を除く)

1営業日以内にご返信いたします