2019年06月07日カテゴリ:ホームページ運用

ホームページはスマホ対応が必須に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の記事でスマホの普及率とモバイルファーストインデックス(以下MFI)について書きましたが(パソコンを超えた!スマートフォンの普及率)、2019年7月1日からMFIがデフォルトになることをグーグルが発表しました。

blog-img-mas11.jpg

デフォルトになるのは新規のサイト

デフォルトになるといってもすべてのサイトではありません。

7月1日以降に公開された(グーグルが見つけた)サイトに限ります。

公開日で判断されているわけではなく、グーグルがサイトを認識した場合になるので、7月よりも前に公開した場合でもグーグルが7月以降に見つけたらMFIが適用されてしまいます。

既存サイトはこれまで通り

前回の記事で順々にMFI以降していくことを話したように、今公開しているサイトは準備が整ったと判断された時に移行します。

それまではPCサイトがインデックスされたままになります。
ただし、今後もこのままという保証はなにもないので、MFIになっていないからと言って対応しないままではなくモバイルページを用意するかレスポンシブウェブデザインにするようにしてください。
グーグルはレスポンシブウェブデザインを推奨しているので可能な限りレスポンシブウェブデザインにするようにしてください。

レスポンシブウェブデザイン

レスポンシブウェブデザインはPCとスマホを同じ構造で制作し、画面サイズ(PC・タブレット・スマホ)に応じて最適な表示をさせるデザインです。
詳しくはこちらから→「スマホ対応をする2つの方法について

まとめ

これまででもスマホサイトについていくつかの記事で重要性をお伝えしてきましたが、いまだに対応していないサイトが多くあります。
新しくサイトを作る場合にはスマホ未対応で作ったなんてことは今の時代ありえないとは思いますが、もし今後にサイトを作るつもりでスマホはいらないかな、と思っている人は検索順位は気にしない!出てくる必要がない!くらいの気持ちでいてください。
スマホでサイトを見に来た人が見づらいと思えるようなサイトはユーザーのことをまったく考えていないとグーグルに判断されます。
そしてそんなサイトは検索に上がることもなくなっていくでしょう。

今サイトを運営している人も同じです。
現状はスマホ対応できたサイトのみに絞られていますが、今回のアップデートで今後未対応のサイトにもMFIが適用される可能性があります。
あくまでグーグルはサイトを見るユーザを優先に考えています。
まだスマホに対応できていない人はすぐにでも動いてください。

レン太君ではユーザのことを考えたサイト作りを熱心にしています。
ご質問等あればお気軽にお問い合わせください。

TEL:0120-595-506
FAX:0120-766-116
メール:rentakun@toumei.co.jp

お問合せ・資料請求

ページトップ