2019年05月29日カテゴリ:ホームページ制作

失敗しない!ドメインを決める3つのポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドメインとは簡単に言うとインターネット上の住所になり、ホームページのURLやメールアドレスの@よりあとに表示されます。
ホームページにとってなくてはならないものになり、非常に重要な項目の1つになります。

非常に重要な項目だからこそ安易に考えず、どうすれば会社の名前やサービス名がユーザーに伝わりやすくなるかをしっかり考えて決める必要があります。

そこで今回はドメインを決める時に考えるべき3つのポイントをご紹介させていただきます。

ドメインについて詳しく知りたい方は以前の記事「ホームページ公開に必要な2つのもの」をご一読ください。

p92.jpg

1. 見やすくてわかりやすい

ドメインはアルファベットや数字、ハイフンで構成されています。最近では日常生活においてアルファベットを見る機会が多くなってきましたが、日本人にとっては主言語ではないため、見にくくてわかりにくいものになっています。
複雑でわかりにくいドメインにしてしまうと、ただでさえ見にくくてわかりにくいにも関わらずよりわからなくなってしまいます。

さらに、わかりにくいドメインは覚えにくいため、ユーザーが検索する時に誤ったドメインを入力してしまうことになり、自社のホームページを見つけてもらえなくなってしまいます。

見やすくてわかりやすいドメインにすることで、ユーザーに覚えてもらいやすくなり自社のホームページをより簡単に見てもらえると思います。

2. 短くてシンプル

長いドメインは覚えるのがとても大変になるため、極力短いほうがいいでしょう。
短くすることで1つ目のポイントでお話した見やすくてわかりやすいドメインにもつながり、さらには検索する際の手入力の手間をできるだけ省くことにもなると思います。

長いドメインがSEO的にあまりよくないということではなく、ユーザーが覚えやすくなるためにできるだけ短くてシンプルなドメインにするべきです。

ただし、短くすることばかり考えてしまい会社名やサービス名を省略してしまうとかえってわかりにくくなってしまう可能性もあるため注意が必要です。
短くてシンプルでわかりやすいドメインを目指していきましょう。

3. ホームページの内容がわかる

ドメインを見ただけで会社名がわかったり、何のホームページなのかが推測できるドメインにすることを心掛けてください。
ホームページの内容や会社名が推測できるドメインにすることで、ユーザーに安心感を与えることができ、よりホームページを見てもらいやすくなると思います。

例えば「yahoo.co.jp」や「amazon.co.jp」「toyota.jp」などのドメインを見ただけでほとんどの人が会社名もわかるし、どういったサービスをしているかもわかるかと思います。
例に上げたドメインはあまりに有名な会社のため、ドメインを見ただけでわかるのは当然だと思われるかもしれませんが、目指すべきはこういったドメイン名になります。

まとめ

今回はホームページ制作で非常に重要なことの1つである、ドメインを決める3つのポイントについてお話しさせていただきました。
ドメインは短くてわかりやすく内容が伝わるドメインにする必要があります。ユーザー何を伝えるべきなのかをしっかり考えて決めていくべきだと思います。

レン太君ではホームページの活用などに関するお客様のお悩みを全力でサポートします。
疑問点やサービス内容について分からないことやお困りのことがあれば、お電話・FAX・メールで、お気軽にご相談ください。
レン太君スタッフがお客様にピッタリのプランをご提案します。

TEL:0120-595-506
FAX:0120-766-116
メール:rentakun@toumei.co.jp

お問合せ・資料請求

ページトップ